システムエンジニアのお仕事

システムエンジニア

システムエンジニアは、
コンピューターシステムの開発において、提案から設計・開発・テストまでの一連の流れに携わるエンジニアです。

ソフトウェアエンジニアと呼ばれることもあります。

基本的にはプログラミングはプログラマー、テストはテスターが行いますが、場合によってはエンジニアがプログラミングやテストに参加することもあります。

システムの提案

クライアントのシステム開発を担当するシステムエンジニアの場合、
クライアントの要望をヒアリングして、要望を満たすことができるようなシステムを提案します。

もちろん予算や納期の関係から、クライアントの要望をすべて実現できるとは限りません。
最初は優先度の高い機能に絞ってシステムを構築し、運用する中で必要に応じて順次機能を追加していくなど、相手の状況に合わせた提案ができるかどうかが腕の見せ所です。

 要件定義書の作成

クライアントとシステムの機能や性能について合意したら、システムエンジニアはその内容を要件定義書にまとめます。
そして、要件定義を実現するための設計書を作成し、設計書に基づいてプログラムを作成します。
システムが完成したら、システムが正しく動作することをテストで確認して顧客に納品します。

必要なスキル

システム開発には多くの人が関わるため、システムエンジニアにはコミュニケーションスキルが求められます。
要件定義書や設計書などのドキュメントを作成する機会も多く、文章力やロジカルシンキングの力が欠かせません。
プログラミングからデータベース、ネットワークまで、幅広く技術を習得しておくと良いでしょう。

システムエンジニアに関連する資格として、基本情報技術者試験、応用情報技術者試験、クライアントの業界に関連する資格(例:会計システムに携わるシステムエンジニアの場合、簿記資格)などがあります。

みさみさ
クライアントの環境をきちんと理解して最適なシステムの提案をする。
それって本来はシステムエンジニアの役割なんです。

だからこそ論理的思考は大事だし、必要です。

でも、システムだけわかってればいい。経営や業務内容については興味なし。というエンジニアがいるのも、悲しい現実です。
そういう役割はコンサルがやるのでは?という考えの方もいらっしゃるので、私はあえて経営コンサルも名乗らせていただいています。

ちなみに簿記は会計人事システムを作っていたときには取らず、物流で在庫システムを作ってるときに取得しました。
我ながらタイミングがおかしい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です