会社経営で成功する経営者の条件とは?

中小企業の経営者には、さまざまな資質が求められる。
経営者の能力が、そのまま会社の業績に反映されるので、責任も大きい。

とはいっても、何もかも一人の能力で賄えるほど人間は万能ではなく、不足があって当たり前!

ただ、会社経営で成功するには、不足を補う努力が必要だと思う。
なぜなら、会社経営を成功に導くには、経営者の能力を引き上げるのが最も手っ取り早いからだ。

「自分に不足している能力はなんだろうか?」

という、自問自答を繰り返し、経営者として不足している資質を補う姿勢を常に持つことが成功の秘訣だと私は思う。

成功する経営者の条件:その1 「数字に強い」

会社の数字を知らずして、まともな経営はできない。
また、会社の数字から将来を見通すことができなければ、安定した会社経営など実現できない。

例えば、会社の発展に欠かせない事業構想、将来計画、投資戦略等は、会社の数字を活用しなければ正しい判断ができない。
経営者の数字力は、会社経営の成功に欠かせない重要な資質である。

成功する経営者の条件:その2 「経営センスがある」

ここを突かれると、非常に痛い。
センスというものが皆無の私には、ここが一番困った問題だった。

会社の理念、ビジョンを決定づけるのは経営センス。
理念やビジョンは経営者に明快な行動原理を与える。
また、理念やビジョンは、組織の力を1点に集中させる役割を果たし、夢の実現スピードを加速させる。理念やビジョンなくして、長期的な会社経営は困難といっても過言ではない。

私の師匠も同じことを言っていた・・・

成功する経営者の条件:その3「コミュニケーション能力が高い」

コミュニケーション能力は、会社経営のあらゆる方面で必要になる。

例えば、経営者と社員とのコミュニケーションが悪化すると離職率が高まり、組織が弱体化する。
組織力の低下は、即、業績悪化に繋がる。

また、銀行や取引先とのコミュニケーションが悪化すると、融資が下りなかったり、取引関係を解消されたり、経営に深刻な影響を与える事態を招きかねない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です