男と女、経営者に向いているのはどっち?

成功する経営者の条件とは?

男と女、成功する経営者に向いているのはどちらか?

結論から言うと、どちらにも向いているといえる。

男性と女性は持っている資質に大きな違いがある。

例えば、男性は論理的思考が得意で、会社の数字を管理するのが得意な経営者が多い。
実際に「数字に強い」という経営者に不可欠な能力は、男性経営者に備わっていることの方が多い。

一方、女性は論理的思考が苦手で、会社の数字を管理するのが苦手な経営者が多い。
しかしながら、経営センスや事業の構想力は、女性経営者の方が優れている場合が多い。

「数字に強い」という一面だけを基準に捉えると、女性よりも男性の方が成功する経営者に向いているといえる。

一方、「経営センス」という一面だけを基準に捉えると、男性よりも女性の方が成功する経営者に向いているといえる。

男と女、それぞれ一長一短があるが、数字一辺倒、或いは、経営センス一辺倒では、まともな会社経営はできない。

経営者として成功するには、経営者として不足している資質を補う姿勢が不可欠

 

会社経営で成功する秘訣
男性は、経営センスをサポートしてくれる参謀役を、女性は、数字の強さをサポートしてくれる参謀役を、それぞれ経営者の身近な立場に配置することだね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です