序破急で構成してね。(じょはきゅう・・・)

起承転結
中国から伝えられた漢詩の絶句の構成法が起源となっており、物語のストーリーをつくる基本スタイルです。ビジネス文書には不向きな文章構成です。

  • 起:設定・状況を説明する
  • 承:事件が起こる
  • 転:解決のために試行錯誤する
  • 結:解決する
序破急
日本の伝統音楽の楽曲構成法が起源となっており、構成を3部に分ける基本スタイルです。文章構成やプレゼンテーションに向いています。
序破急を使うときは、明確にテーマを打ち出したい時などに向いています。
起承転結で作るよりもよりストレートにテーマを伝えることが出来ます。

  • 序:序章、導入部分(目的、課題)
  • 破:秩序を破る(本題)
  • 急:急激な展開(結論)
みさみさ
これで師匠の言ってた意味をやっと理解!
起承転結じゃなくて、序破急で構成して。ってそういうことね!

上記の通り、両手法ともストーリーを組み立てるときの基本スタイルになっています。しかし、ビジネス文章には起承転結は不向きです。なぜなら、ビジネス文書には「効率」と「わかりやすさ」が求められるからです。
ビジネス文書は読んですぐに文章の要約である結論がわかるという効率が重要であり、難しい内容も多いため読み進めやすい文章であることも重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です