docomo 個人名義の引き落としを法人口座にできるのか?

注意
この記事はdocomoの場合です。
Softbnkやauをお使いの方の参考にはならないかもしれません。
みさみさ
契約は個人名義のままで、利用料の引き落としは法人口座に。という設定が出来ます。

なぜ契約を個人→法人にしないのか?

そもそも、契約を法人に変更して、法人の口座から引き落とす。そうすれば経費計上もスムーズなので、そうしようと思っていました。
じゃ、なんでしなかったのか。

学割の期間が残っている

契約者は私で、使用者が次男のスマホ。
毎月1500円の割引がありまして、それが結構大きい。
あと2ヶ月の適用だったんだけど、もったいない。と思ってしまった。

法人特有のパケット料金プランがなかった

いま5GB 6,500円のプランで、その次の段階だと10GBで9,000円
その次は30GBで13,500円。
5GBと10GBってそんな変わらない気がするので、5GBの次は30GBかな~と。
そうなると7,000円のアップ。20GBで9,500円とかがあったら嬉しかった。
個人には提供できないけど、法人なら・・・というプランがあることを期待していたので、残念。

Mydocomoが使えなくなる

いま5回線のうち、4回線をMydocomoで管理していたので、それが使えなくなるのは不便だと思いました。

メールアドレスが変更になる

正確には、そのメールアドレスを再取得することで、使えるようにはなるんだけど、タイミングやら諸条件が面倒で、萎えた。
メールアドレスほぼ、使ってないんですが。

手続きの度に、謄本 or 印鑑証明が必要

これが一番理由としては大きいかも。実はドコモのお姉さんもこれを理由に、個人名義のままの方がいいと思います。って言ってました。
謄本や印鑑証明には発行してから3ヶ月っていう有効期限があるし、手数料もとられるのでね。
個人なら、免許証の提示でOK。少しくらい写りの悪い写真でも見せる時だけ我慢すればいいのです。

逆に、個人→法人にしてもいいかな?と思った理由

  • 月々サポートは残る(毎月の割引、結構大きいので助かる)
  • 契約期間は引き継がれる(docomo使用歴長いもので)

・・・これだけ?これだけです。(笑)

これだけ多くのマイナス要因と、かすかなプラス要因の結果、名義は個人のまま残すことにしました。

法人口座から引き落とししてもらうために必要なこと

  • ドコモショップへの来店
  • 通帳
  • 銀行印(不要と言われましたが、結果必要でした)
  • 来店者の本人確認書類(写りの悪いおかしな運転免許証)手続きは、本人を確認したあと、支払口座を法人の情報に書き換えてもらうだけ。
    キャッシュカードがあれば、それをスキャンして設定してくれますが、私の場合、セキュリティの関係で情報が抜けず、結局書面に銀行印を押す形で申請しました。
    通帳は、代表取締役の確認で使用しました。私の場合、web通帳だったので、申し込み時の書類を見せました。(手書きではなく印字されていることが大事)3月1日に手続きをして、不備がなければ2週間ほどで反映と言われました。

法人口座から引き落とすメリット

経費計上がスムーズ。

法人口座から引き落とすデメリット

個人の時はdカード引き落としでポイントが貯まっていた。それが無くなる。
私の場合は、他のことでバシバシ使用していたので、それでポイントが貯まるので問題なし。
そのポイントをdocomoスマホに適用できると言われたので(契約は個人のままなので)モーマンタイでした。

補足
個人名義のまま、法人口座から引き落としをする。というこの技は、代表取締役(通帳の名義人)に限ります。
一般社員の方は不可能ですので、ごめんなさい。そりゃそうですね。

以上、docomoを使用していない人にはたいした参照にならないかもしれないですが、記事にまとめてみました。