年収を10倍にする方法

「紙に目標を書いたら年収が10倍になるよ」

 

 

そう言われたら
あなたは書きますか?

 

 

「書くだけ?そりゃ書くよ!」
とあなたは言うかもしれません。

 

 

 

しかし、ハーバード大学の研究では
以下のような結果が出ています。

 

学生の内、目標について

・85%が目標が無い学生

・12%が目標があるが書いてない学生

・3%が目標があり紙に書いている学生

 

この記事を読んでいる人で
ハーバード大学を知らない人がいるでしょうか。

そんな世界的に有名な超一流大学ですら、
85%の学生が目標を持っていないのです。

 

目標を持っている12%の学生でも
紙に書いている人は3%です。

 

 

 

「書くだけ」なのに。

 

 

 

ちなみにこの3%の学生の年収は
10年後にその他の生徒の10倍でした。

 

 

 

目標をもって
紙に書いたら年収は10倍になるんだ!

 

 

さすがに、それだけでは無理です(笑)

 

 

目標を書き出して常に意識することで
脳がそのことをずっと考え続けます。

 

 

なぜ
脳が情報を集めてくれるのか。

 

 

理由は「網様体賦活系」

 

正確には脳幹網様体賦活系といいます。
(のうかんもうようたいふかつけい)

 

脳幹の中には脳に向かう神経の束があり、
これを「網様体」といいます。

特に脳幹内の網様体は「脳幹網様体」といいます。
ここの働き(賦活)を示すことばです。

脳幹 網様体 賦活系
のうかん
もうようたい
ふかつけい

 

 

脳幹にある網様体は、
自分にとって必要な情報だけを
ピックアップして取り込むのです。

 

必要でない情報は、インプットしないように
ガードしているのです。

 

 

つまりは興味のあるものしか
目や耳に入ってこないようになっているのです。

 

 

好きなものだけ・・・
なんてわがままなんでしょう!

 

 

これをうまく活用しているアスリートは
大谷選手が有名です!

 

もちろん多くの経営者が
目標を紙に書いたり目につく場所に
置くようにしています。

 

そして偉業を達成してさらなる
目標へと向かっていっています。

 

 

頭の中で考えているだけの時と
紙に書き出したときとはリアリティが違います。
急に現実味を帯びてきます。

 

それでいいんです。
そうじゃないと達成できませんから。

 

 

 

 

大事なことなのでもう一度。

 

 

網様体は超ポジティブなので、
肯定的な言葉しか理解できません。

 

紙に目標を書くときは
網様体が理解できるように書いて下さい。

 

〇月〇日に私は●●を達成している。

 

〇年後には売上●万円!

 

 

できるかな?なんて考えなくていいです。

もう、決めつけて下さい。

 

書いて意識すると達成後の自分がイメージできて
目標達成できます!

 

 

このように言葉を上手く操ると
脳の思考や機能を使って
結果を自動的に変えることができます。

 

 

簡単にできることなので、この記事を読み終わったら
すぐに試してみて下さい!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Fin.